御朱印を頂く時に気を付けたいマナーと保管方法について。

神社やお寺がパワースポットと言われるようになってから徐々に増えてきた
御朱印巡りを目的として神社仏閣に行く人が増えています。

個人的には御朱印が目的であっても神社仏閣に足を運ぶことは良い事だと思います。
しかし、最低限のマナーだけは守るというのは人間として当然であって欲しいと思います。

私自身が御朱印目的で神社仏閣に行っているのではないので、ほぼ関心がなかったのですが、
知人とある神社に参拝に行った時に初めて御朱印を頂いている様子を見ました。

そして、見せてもらったら御朱印巡りしたくなる気持ちが良く分かりました

訪れる神社仏閣によって違いがあるようですが、基本的にはその場で書いてくれます。

書いている姿を見せてもらいましたが、素晴らしいものでした。
美しい姿勢で、字も達筆でした。

見たら欲しくなるとはまさにこのことですね。

スポンサードリンク
  



御朱印はマナーを守って頂きましょう

御朱印を頂くのはスタンプラリーではありません。
あくまでも参拝した証として頂くものです。

ご朱印は本来は寺社へ写経を納めた証として頂くものです。

現在では少額の初穂料のみで快く書いて頂けます。
そのため、本来の意味を知らずに御朱印のみを集めている方が増えているのかもしれません。

必ず参拝しましょう

御朱印は参拝の証です。参拝することはセットです。

原則は参拝後に頂きますが、訪れた場所に寄っては参拝前に預けることができるという場合もありますので、聞いてみましょう。

小銭を準備しておきましょう

絶対にしなければならないという事ではありませんが、小銭で初穂料が出せるように準備しておきましょう。
300~500円というところが多いので神社やお寺に行く場合は小銭を財布に準備しておくのが良いでしょう。

多忙な時は遠慮しましょう

お正月の混雑している時や、法事をしている時など対応が難しい場合があります。
そういう時には無理にお願いしない方が良いでしょう。
遠方から行っているのでどうしても欲しいという場合もあるかもしれませんが、
その場合には事前に頂けるのかを確認してから出かけましょう。

浄土真宗のお寺では御朱印はありません

宗派によって御朱印は頂けない場合があります。
お寺や神社に無理を言わないようにしましょう。

時間があれば納経しましょう

本来であれば御朱印はお寺に写経を納めた証として頂くものです。

御朱印帳はお寺と神社で分けるの?

ご朱印は神社でもお寺でも頂くことができます。

その場合に御朱印帳は分けた方が良いのでしょうか?

せっかく訪れたのに御朱印を頂けないと残念ですね。できれば、分けておく方がベターです。
昔からの神仏習合から明治以降の神仏分離という流れがあるのでどちらの考え方も残っていると考えられます。

神様や仏様は小さい事には拘らないかもしれませんが、
そこに従事する人たちの信仰心はとても厚いものです。
お寺や神社の方針に従いましょう。

一部の寺社ではお寺と神社の混合の御朱印帳を持って行った場合に断られることがあるようです。

そこに自分の意見を押し通すことはスマートではありません。

そのような時に気持ちよくお願いできるように2冊準備しておくことが無難かと思われます。
また神社やお寺にもよりますが、書置きと呼ばれる御朱印がある場合もあります。いわゆるストックですね。
書置きを頂く場合は、後で御朱印帳に貼り付けてください。

その場で書いて頂きたいと言う方は事前にホームページや問い合わせをして確認しておくことがおススメです。


スポンサードリンク

御朱印帳の保管はどうしたら良いの?

1冊目だと気になりませんが、数が増えてくると御朱印帳ってどうやって保管するものなのでしょうか?

保管場所は神棚、仏壇が良いとされています。

しかし、家にない場合もあります。
そのような場合は御朱印帳の保管場所を決めて、必ずそこに置くようにします。

本棚の一角に専用スペースを作ると言うのも良いでしょう。

ご朱印は和紙に墨で文字を書いています。
そのため、天敵は湿気と油染み、埃です。
間違っても台所での保管はやめましょう。

一番良いのは使っている1冊以外は専用の箱に保管するのが確実です。
御朱印帳専用の蓋つきの箱を準備して乾燥剤を入れておくと良いでしょう。

まとめ

昨今のデジタル化により、手書きというのはどんどん減っています。
私自身も字を書くのは苦手ですし、書道も良さが分かりませんでした。

自分は苦手ではあるのですが、目の前で書いてもらうというのを見た時に
手書きの文字って素晴らしいものだと改めて思いました。

ただただ便利だけを追及するのではなく、一つ一つを大事にするという気持ち
それがまた御朱印の魅力の一つでもあると思っています。

目の前の一つを丁寧に書くということは御朱印以外では見ることがなくなってきました。

一時のブームかもしれませんが、そんな手書きの良さを再認識している人が増えている証拠なのではないでしょうか?
そう思うと日本人で良かったなぁと思ってしまいます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする