梅雨にぴったりの過ごし方は?親子で外出だって楽しいものです。

恵みの雨と言われ、大切な雨だと分かっていても、梅雨の時期になると気分も下がってしまいます。

雨が続くと外出も控えたくなります。電車や車での移動がほとんどであってもちょっと濡れたりするとそれだけでも気分が下がります。
空気自体が湿気を含んでいるのでいつもどおりのヘアスタイルも上手くいかなかったり、崩れやすくなります。
外も薄暗いのでどんよりした空気が漂ってします。

そんな雨が続く梅雨時期にぴったりの休日の過ごし方を探してみました。

スポンサードリンク



梅雨にぴったりの過ごし方はお気に入りのお店を見つけること

雨が続けば外出は億劫になります。しかし、ずっと家にいても何だか気分は変わりません。
そんな時に見つけたのは“カフェ”です。普通のカフェではなく“本のあるカフェ”です。
ブックカフェを呼ばれ、最近は店舗が増えてきています。

我が家の近所にも最近、新しくお店がオープンしたのですが、そこが何と以前から興味のあった“ブックカフェ”でした。

近所にオープンしたそのお店、看板が新しくなっていたのでお店がオープンすることは何となく知っていました。
しかし、いつオープンしてどんなメニューがあるのか全く分かりませんでした。

そこで偵察がてら、行ってみることにしました。

元々はレストランだったので少し広めの駐車スペースが確保されています。

初めてのお店って入るのにちょっと勇気がいりますよね。
小心者の私は子どもを連れて行くことにしました。

ランチ目的で行きましたが、お店に入るとすでに何組かお客さんがいました。
空いている席でメニューを見ると、意外にもメニューの数がありました。

お店のインテリアは個人の趣味の物と言った感じで都会にあるようなシャープな感じではありません。
しかし、全体に温かい印象を受けました。私は好きな感じです。

パンケーキがメインのお店のようで定番のプレーンからデザート系のフルーツや
生クリームがトッピングされたもの、がっつりとボリュームがある物もありました。

ランチだったのでボリュームたっぷりパンケーキにしました。

注文を受けてから焼くので提供されるまでは少し時間がかかるとのことでした。

いつもの私なら時間がかかるのはちょっと苦手なのですが、
そこはブックカフェです(^^♪

スポンサードリンク

たくさんの本に囲まれています。読みたいと思っていた本もあり、ずいぶん前に読んだ本、
絵本にマンガ、雑誌などかなり幅広く置いてありました。
面白かったのでついつい観察していたのですが、宮沢賢治全集的なものまで置いてあったのには驚きました。

私はちょうど読みたいと思っていた本があったので早速その本を読んでいました。

本を読んでいると時間はあっという間に過ぎてしまいます。
約20分ほどで注文していたパンケーキが出てきました。

読書は一旦、中断して美味しくパンケーキを頂きました。

梅雨だからこそ外出して雨音を聞きながら過ごしましょう

家で読書しても外で読書しても本を読むのは一緒ですが、ゆったりとクラシック音楽を聴きながら美味しいコーヒーを片手に読書するってリラックスできます。

カフェなので店内はコーヒーの香ばしい良い香りが漂っています。
それだけでもリラックス効果があります。

窓際の席で外の雨音もBGMにしてしまえば、ゆったり休日もプチ贅沢な休日となります。

家はくつろぎの空間、お店はサービスの空間だと言うことを実感して
ランチの後もコーヒーを飲みながら読書を楽しんでみるのも良いのではないでしょうか?

ちょっとメイン通りから外れた場所にあるブックカフェはほどほどに長居もできるので
自分にとって穴場スポットとしてチェックしておきたいものです。

梅雨でも親子で快適に楽しみましょう

本のあるカフェは子どもにも人気があります。
それは“絵本”と“マンガ”があるからです。

中学生の子どもを連れて行ったのですが、懐かしい絵本を見て
楽しそうに読んでいました。

保育所に通っていた頃に読んでもらった絵本などいくつも覚えていたようです。

次から次へと本棚から出しては読んでいました。
それほど熱心に読書をする方ではありませんが、
知っている本がそこにあるというのは子どもにも魅力的だったようです。

またボリュームのあるランチメニューもあったため、そちらも満足できたようです。

ちょっと大人な世界を堪能していたようです。
最近はジュースではなくてコーヒーを飲むようになってきたのですが、
ランチのセットはカッコつけてコーヒーを注文している姿は何だか笑えてしまいました。

そうやって、子どもは親の知らない間に成長しているんですね。

ちょっといつもと違う子どもの様子も見れたのでブックカフェは案外親子でも楽しめるスポットかもしれません。

それ以来、ちょっと忙しくなさそうな時間帯を狙って通っています。
今ではすっかり顔なじみになってしました。

子どもも気に入ったようで私が行くと言えば、買い物にはついてこなくてカフェにはついてくるようになりました(笑)

店主もまた気さくにちょっとだけ話しかけてくれます。
その“ちょっと”が私にはちょうど良い加減でした。

まとめ

梅雨という言葉を聞いただけで何だか鬱陶しく感じてしまいます。

どうせ過ごすなら不快な休日よりも快適に過ごせる休日の方が良いですよね。
自分だけのお気に入りの場所を見つけておくと、雨の日も楽しくなりますね。

家の近く、よく行く場所周辺でいくつかリラックスできるお気に入りスポットを見つけて快適に過ごしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする