発達障害グレーゾーンの高校生。コミュニケーションが苦手ですが友だちができました【体験談的な話】

発達障害グレーゾーンの高校生が新しい環境でコミュニケーションに困ったらと思うと
親としては心配になりますね。

中学校のように狭い範囲の校区だと
誰か知っている人がいるので、最初からコミュニケーションに困るということは
少なめだと思います。

ですが、高校生になると校区も広がりますし、
知っている子がほとんど同じ教室にいない場合もあります。

いつまでも友だちができなければ寂しいですし、
そうは言っても知らない人とのコミュニケーションがうまく取れないという子どもも多いですよね。

そんな時はどうしたら良いのでしょうか?

我が家の息子が高校に入学してから友だちができるまでの過程をまとめてみましたので
参考になれば幸いです。

スポンサードリンク



発達障害グレーゾーンの高校生が新しい環境で友だちができるまで

高校に入学決まってから息子はずっと心配をしていました。

『高校で友だちできるかなぁ』

子ども本人は『コミュ障』(コミュニケーション障害)だと思っています。

私自身は、そこまでひどくないのでは?と思う反面
伝えたい言葉がすぐに出てこないこと、上手く伝えられない部分を考えると
全く当てはまらないとも言い切れないという感じで思っています。

そんな子どもの心配が的中することなってしまったのです。

入学式でのクラス発表で顔が真っ青・・・・。

同じ中学校から進学した友だちが何人かいたので
できたら同じクラスになって欲しいなと願っていたにもかかわらず
全員、別のクラスだったのです。

中には、同じ中学校の子が4人いたりするのに
息子だけは『一人』だったのです。

思っていることがすぐに顔に出る息子の顔は
明らかにショックを受け、落ち込んでいました。

クラスには知っている人が誰もいない状況

かなり難易度の高いスタートを切ることになりました。

幸いにもお弁当は別のクラスの友だちと食べても良いということだったので
いそいそと隣のクラスに行って通学仲間のところで食べているようでした。

同じクラスに知り合いが全くいないので
最初はどうしたら良いか相当戸惑ったみたいです。

また、いくつかの授業では今後、テストの点数によってクラス編成が変わるので
授業でのクラス移動もあるみたいです。

そんな環境中での新しい生活がスタートしました。

最初はクラスでずっと一人で過ごしていたそうです。

隣のクラスには昼休みのたびに行くので
先にそちらの方でしゃべることができる子ができたみたいですが(笑)

スポンサードリンク

スマホを学校に持って行っても良いので
休み時間はスマホを触っていたみたいです。

ですが、いつまでもそれでは友だちはできませんよね・・・。

きっかけは『部活』でした。

当初は、部活には入らない予定でしたが、
高校の方針としては『文武両道』だそうで
基本的には部活動に入ることを推奨されたようです。

結局、迷った末に部活に入部することにしました。

そして部活に入ってみると
何人か同じクラスの子がいたみたいです。

放課後の部活の時に、ちょこちょこと話をするようになってからは
教室でも同じ部活の友だちと一緒に過ごすようになったみたいです。

コミュニケーションを取るのが上手な人は
ただ教室にいるだけでどんどん仲良くなっていくのですが、
息子のようにコミュニケーション下手の子どもはなかなか挨拶すらも
出来なかったみたいです。

きっかけは同じ部活に入ったことで仲良くなった友だち。

そこからは同じ部活同じクラスの友だちとしゃべっているうちに
近くにいるクラスメイトとしゃべったりと
少しずつ話をできる友だちが増えてきたみたいです。

最初のとっかかりをつくることがとても苦手で
しかも挨拶すら上手くできないため、
なかなか友だちができなかった様子です。

どうしても友だちができなくて困った時は相談にのるよ

ということは入学前から話をしていました。
(その時は多分、誰か同じクラスになるだろうとあまり心配していませんでした)

結果的には子どもが部活で仲良くなった友だちから輪は広がって
何人かの友だちができて、楽しそうにLINEで連絡を取ったりしているので
安心することができました。

上手くコミュニケーションが作れない息子は
基本的にはSNSもやりません。(InstagramやFacebook、Twitterなど)

話しかけやすい雰囲気もありませんし、
ぼそぼそとしゃべったりするので
初対面でいきなり仲良くなるということはできません。

自分から話しかけるということが苦手なので
最初は大変だったみたいです。

何とか周囲のおかげで分からない時に
聞いたり相談することができる友だちができました。

共通の話題から会話ができるというのがポイントになったみたいです。

人見知りする、初対面の人は苦手

でも、友だちも作りたいし、みんなで楽しく話をしたいですよね。

共通の話題があることで会話って成立しやすいものです。

我が家の子どもは『部活に入ったこと』で共通の話題が一つできました。

そこから広がっていったので
何か会話の糸口になるものを見つけるというのが良いのではないでしょうか。

本人曰く、コミュ障な息子ですが、
入学して2か月が過ぎた頃には、高校での新しい友だちの話が
家でも出てくるようになったことに安心しています。

息子には『大丈夫だよ』とは言いながらも
実はかなり心配をしていた母としても一安心です。

コミュニケーションは下手ですが、
基本的にはウソもつきませんし、手を上げたり
人を陥れるようなこともできません。

よっぽどのことがない限り、大丈夫だと信じています。

新しい友だちができたことで息子も学校が楽しくなってきたようです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする