寝正月は最高に幸せ!一年の始まりは好きなようにのんびりしませんか?

お正月には親戚の家に集まったり、初詣に出かけたりと
外出する人が多い一方では3が日は外出を一切しない寝正月派という人たちもいます。

どちらが良くてどちらが悪いということは
もちろんのことありません。

どちらを選びたいですか?

普段は忙しいから寝正月
忙しくても外出する方が好き

毎年同じではなくても良いと思います。

今年は『寝正月』を選ぶという人に寝正月の良さをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク



寝正月は最高の過ごし方?

寝正月とは・・・
3が日の間は外出をしないで自宅でゆっくりとテレビを見たりしながら過ごすこと
だという認識ですが、多分合っていると思います。

お正月には親戚で集まる、必ず初詣に行くなどの恒例行事がない場合、
寝正月を選択することは可能です。

親戚の集まりとなると1人だけ勝手に参加しないというのは
意外と難しいものではありますが、
参加したくないという場合は適当な理由をつけて断ってしまいたいものですよね。

寝正月って良いと思いませんか?

最高の過ごし方だと思っています。

3が日の食事はおせちを中心に簡単に誰でも作れる鍋料理などにしておいて
家でまったりとのんびりと自由に過ごす時間を作ってみませんか?

外出するのが楽しいという人も
たまには寝正月というのもアリではないでしょうか。

日ごろはきっと忙しいという人が大半だと思います。

年末までは大掃除をしたり年賀状を準備したりと
休みがあっても意外と忙しいものです。

1年の始まりだからこそ、自分のために
ゆったりとした時間を過ごすという最高の贅沢な時間を味わってみましょう。

寝正月で過ごした場合のメリットとデメリット

寝正月は最高!と言ってもやはりメリットがあればデメリットもあります。
簡単にご紹介します。

メリット
・疲れを癒す時間を取れる
・たっぷりと睡眠がとれる
・見たいテレビを存分に見ることができる
・どっぷりとゲームにはまってもOK
・のんびりと過ごすことでストレス解消になる
・外出すると混むのでイライラするが自宅なら混まない
・出費が減る
デメリット
・太る(可能性高い)
・ゴロゴロするので次に動くのが面倒になる
・部屋が散らかる
・外出する方がストレス発散になる場合は逆にストレス
・お年玉がもらえない(子ども限定)

寝正月のメリットとデメリットどちらもよく分かりますよね。
とは言え、個人的にはメリットの方が大きいような気がします。

常に時間を見て動いている日ごろと比べるとゆっくりする時間が取れる日というのは
意外と少ないものです。

お盆休みもあるかとは思いますが、お墓参りだったり法事があったりすると
休み期間はあっという間に終わってしまいます。

年末年始休暇はもう少し多いという会社も多いでしょう。
長期だと旅行に行くという楽しみもありますが、人混みに飛び込む覚悟が必要ですよね。

自宅でゆったりと過ごすことで年始からの仕事を力強くスタートするための準備もできると思います。

たまには寝正月を選んでみると意外なメリットに気付くかもしれませんね。

スポンサードリンク

寝正月でのんびりくつろぐことで得られる効果は?

寝正月で得られる大きな効果は
・リラックスできる
・寝不足解消

という心身の疲れを癒すことができるのではないでしょうか。

時間を気にせず好きなことに没頭してみたり
テレビを見て家族で笑ったりと家族団らんの時間を作ることができるのも
寝正月ならではです。

もちろん、外出をしても家族で過ごす時間はあると思いますが、
家族みんなでゆっくりと過ごすということは少ないのではないでしょうか。

学校や職場などの新年のスタートを気持ち良く切ることができることでしょう。

最後に

外出を思いっきり楽しむお正月と寝正月どちらもあるのが一番良いと思っています。
今年はしっかりと願い事をしたいという場合は、有名な神社へ初詣
今年は心身をリラックスさせるため寝正月
というように家族で相談して過ごし方をその年によって変えるというのも
楽しいのではないでしょうか。

年末年始は忙しいという場合が多いと思いますので
たまにはゆっくりと過ごすために寝正月とという選択をしても良いのではないでしょうか。

寝正月だからだらけているのではなく、寝正月を過ごすことで
次のスタートをリフレッシュした状態で始めると思えば
それほど悪い印象もないですよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする