クリスマスプレゼントを当日まで子どもに見つからない隠し方

一年に一度もらえるクリスマスプレゼントを楽しみにしている子どもたち
たくさんいますよね。

親としても子どもの夢を壊したくないので細心の注意が必要となります。

中でも準備しておいたクリスマスプレゼントを当日まで
子どもに見つからないように隠すことは大事です。

見つかってしまったらサンタクロースの存在すら危ぶまれてしまいます。

いつかは子どもも分かってしまうことですが、
できるだけ長く夢を見てほしいものです。

クリスマスプレゼントを子どもに見つからないように隠す方法をまとめました。

スポンサードリンク



クリスマスプレゼントを当日まで子どもに見つからないように隠す方法

親にとっても一大イベントでもあるクリスマス
プレゼントをもらって笑顔で喜ぶ子どもの顔は最高に嬉しいものです。

そのためには結構、細心の注意が必要となります。

親が必死に隠していることに関してはなぜだか分かりませんが
意外と子どもはよく見ていて察しが良いんですよね。

そんな子どもたちからクリスマスプレゼントを隠す方法をご紹介します。

屋根裏など高い場所に隠す

とにかく視界に入らない場所に置くこと
子どもが背伸びをしても椅子に乗っても届かない高さの場所に
目立たない袋や箱に入れて保管しておくこと。

もしも親が開けてしまったとしても
プレゼントだと気づかないようにしておきましょう。

物置に隠す

子どもが普段からは行かない場所に置く
偶然でも行かない、触らない場所という意味では
物置は良いです。

その場合でも高い位置に目立たないように隠します。

車のトランクに隠す

普段から車をよく利用する場合は車のトランクに隠すという方法も良いです。
座席には子どもたちも座るとは思いますが、トランクをわざわざ開けることはありません。

よく車を利用するのであれば、親が車のトランクを開けても
特に疑問に思うことは少ないでしょう。

祖父母などに預かってもらう

近所に祖父母が住んでいる場合は
思い切って預かってもらうといのはかなり有効です。

自宅にないので親も安心することができます。

祖父母宅であればギリギリまで預かってもらうことも可能なので
絶対に見つからないですよね。

職場に隠す

職場に自分用のロッカーなど私物を置いて置く場所がある場合は
クリスマスプレゼントを職場に隠しておくのも良いです。
ただし、クリスマスプレゼントを渡すまでには
一度自宅などに持ち帰っておく必要があります。

クリスマスプレゼントを子どもに見つからないように隠す時の注意点は?

もしも子どもに外側を見られてもバレない工夫をしておくと良いですね。

プレゼントを包装紙の更に上からゴミ袋っぽい見た目の袋に入れておく、段ボール箱に入れておくなど
ぱっと見た時にプレゼントかもしれないと思えないような見た目にしておくのがベストです。

一つだけ段ボール箱があったら逆に目立つという場合は
ダミーで空箱を一緒に置いておきましょう。

その際は、空箱だと思われないようにガムテープなどで封をしておくことをおすすめします。

子どもは段ボール箱に入って遊ぶのも好きですからね。


スポンサードリンク

最後に

子どもにとって大きな楽しみとなるクリスマスプレゼント
どのように隠してどのように渡すかを考えるのも
クリスマスの楽しみの一つですね。

子どもが小さい間はあっという間です。
楽しい時間が過ごせると良いですね。

子ども用のプレゼントは別に夫や妻へのプレゼントもサプライズで一緒に
準備しておくときっと喜んでもらえるのではないでしょうか。

子どもへのクリスマスプレゼントの渡し方はこちら!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする