スマホアプリを使いこなして余裕のある自分になろう!

子育て、家事、仕事を両立しているお母さん本当にお疲れ様です。
私は子育てと家事についてかなりサポートを受けているので
1人でやってるお母さんを見ると尊敬の眼差しを向ける以外できません。
しかし、そんな私でも日々忙しくて気づけば1か月過ぎてたなんてことはしょっちゅうです。
スマートフォンを使うようになってから、最初はゲームばっかりやってました。今でもゲームで遊んでますが・・・。
それはさておき、私が使ってみて便利だったアプリについてまとめてみました。
参考になれば嬉しいです。



無料アプリを侮るなかれ

私が最初のスマートフォンを買ったのはもう5年ほど前です。その頃はアプリで何かを管理しようなんて
全く思っていませんでした。インターネットでショッピングをするので探したりするのに便利かなと思ったので
ガラケーから機種変更しました。
周囲ではもうLINEを使って連絡をしている人も増えていた時期だったし、丁度小学校の役員にもなっていたので
LINEで連絡できれば他の役員の人との連絡も楽になれるかなとそんな程度でした。

しかし、スマホを使い始めて数か月してから知人から『便利なアプリ』の本を借りました。
本の名前は忘れてしまいましたが、前頁がアプリの紹介でした。
そこで初めてものすごい数のアプリが存在していることを知りました。
しかもそのうち半分以上は無料アプリでした。

ページをめくっていくうちにいくつか使いたいと思えるアプリもあり
インストールしてみました。
使ってみてはアンイストールをしてまた、良さそうなアプリがあればインストールすることを繰り返していました。

アンインストールをしたアプリは思っていたものと違ったなど不具合ではありませんでした。

その本を見てからは自分が使えそうなアプリを常に探していました。

無料アプリしかインストールをしませんでしたが、
侮ってはダメだと実感しました。
有料アプリの一部だけ使える無料版やアプリそのものが無料というのもたくさん使ってみました。

現在は、ある程度使っているアプリは限定されるようになりました。

何年も使っているアプリ

スマホの機種変更も何度かしていますが、使い続けているアプリもあります。
私が、長く使っているアプリは
家計簿アプリ『かけ~ぼ』
カレンダーアプリ『Googleカレンダー』
子どものプリントを管理できる『おたよりBOX』
生理日の管理ができる『ルナルナ』
以上の4つです。

スポンサードリンク

家計簿アプリは一度、別のアプリに変えてみたことがあったのですが、使い勝手が全然違うし、
集計もできなかったのでまた元に戻しました。

カレンダーアプリは最初、本当にいくつもインストールして使ってみたのですが、
いくつも使ってみた結果、最初から入っていたGoogleカレンダーが一番使い勝手が良いことに
気づき、それ以来はずっと使っています。

子どものプリント管理ができる『おたよりBOX』は写真に撮って、子ども別に管理ができます。
子どもが小学校と中学校に通っているので行事予定などが違うので、子ども別に探すことができるのが便利です。
また、通知機能もあるので忘れそうになってもスマホが教えてくれています。

だいたい生理の周期は定まっているのですが、うっかりすることもあります。
そのために使っているのは『ルナルナ』です。予定の少し前になるとお知らせしてくれるので
助かっています。

スマホアプリはデータの引継ぎも簡単

スマホアプリのすごいところは機種変更する時にデータの引継ぎができることです。
『ルナルナ』や『おたよりBOX』は短期間だけあれば良いので引継ぎがなくても大丈夫ですが、
まとめて予定を入れいている『Googleカレンダー』や長期間の収支を入力している『かけ~ぼ』はしっかり引継ぎができるので
本当に素晴らしいアプリだと思っています。
GoogleカレンダーはGoogleアカウントで引継ぎが簡単にできますし、かけ~ぼはバックアップ方法が簡単で機械オンチの私でも
できました。
保存先を選びます。保存先は『Dropbox』『GoogleDrive』『SDカード(非推奨)』の3つから選ぶことができます。
私はDropboxのアカウントを持っているのでDropboxを選びました。そして、新しい端末にかけ~ぼをインストールした後にバックアップデータを
復元させると続きから使えました。

無料で使えるのにこんなに便利で良いのかなと思っていますが、快適に使っています。
アプリを考えて作るのは非常に手間のかかることだと思いますが、無料で良いんでしょうか?
と他人事ながら気になってしまいます。無料って有難いのでそのまま無料で使えると嬉しいです。

ゲームもだいたいが引継ぎできるようになっています。
私は自分のスマホに入れいたゲームアプリを子どものスマホを買った時にデータ移行しました。
子どもも最初から同じゲームを始めるのではなく続きから使えるので喜んでいました。

まとめ

無料で使えるアプリはたくさんあると思いますが、
便利に使えるツールを使って自分がもう1人欲しいと思うほど忙しい人にとっては
心強い味方になるのではないでしょうか?

探すのに手間はかかりますが、少しでも自分が楽になれるように工夫してみるのも
良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする