GWをストレス少なく楽しく過ごす方法を考えてみました。

毎年、悩むのがGWの予定です。
休みが多いので何かしないと落ち着かないと思ってしまいます。
だいたいは近場をウロウロするのがここ数年の傾向です。
でもたまにはテーマパークにも行きたいというのが本音です。
家でゆっくり過ごすのも良いですが、まとまった休みだからこそ外出も楽しみましょう。
せっかくの休みはできるだけストレスなく過ごしたいという気持ちから工夫をしてみました。
その今まで工夫したことをまとめてみました。



GWの交通事情は大変

天候に恵まれることが多いGWなのでやっぱり外でリフレッシュしたいものです。
ちょっと大きな公園や、屋外型テーマパーク、ショッピングモール
どこに行っても楽しいです。そして人も多いんです。半端じゃなく多いですよね。
幹線道路は渋滞は必至です。電車などの交通機関も混んでいます。
できたら渋滞も混雑も避けたいですよね。
渋滞だと運転手のストレスは増えるし、交通機関の混雑は子どもさんがいれば
気も使いますし、普段利用しない路線だと分からないこともあります。
やはり家族連れなど大人数で移動する家族がたくさんいるので
平日の通勤ラッシュとは違ってスムーズに移動もできないことが多いです。

家族サービスと思って外出するのにちょっとというかかなり憂鬱になるのは
人が多くて待ち時間が長かったり、渋滞にはまるという心配が原因ではないでしょうか。
外出したいけど、外出することで逆にストレスをためてはもったいないです。

GWの外出は時間帯を変えると良い

私が外出する時はみんなが移動する時間を避けています。
テーマパークやショッピングモールへ行く場合は、オープンと同時に入るか
逆に遅めに出て閉店までいるという2つのパターンを使います。
レストランやフードコートを利用する時間帯も同様に11時頃もしくは14時以降に利用します。
いつもと食事の時間はずれてしまいますが、あまりにも待ち時間が長いと
子どもはぐずぐずしてきて機嫌悪くなったりすると親のストレスも増大しますので
ちょこっと間でパンなどを食べさせて時間をずらします。
ご飯の時間をずらすとみんながご飯食べている時間帯は割とスムーズに移動もできるし、
ちょっと空いています。ショップで買い物するのも12時頃ってレジも込み具合がましなんです。
何度も利用してこっそりと観察をして楽しんでいるのですが、
人が増えてくるのは11時頃からです。ピークは16時頃まででしょうね。
小さい子どもさんを連れていらっしゃる人であれば夕方は早めに帰られる家族が多いです。
我が家では子どもが大きくなってきたのでそういう時間はなるべく避けています。

スポンサードリンク

またテーマパーク利用する場合は前泊もしくは15時以降で使えるパスを利用して2日間楽しむという方法もあります。
夜のパレードなど夜ならではの楽しみ方もあるので子どもさんが大きくなってきたら一度は楽しんでみましょう。

GWの外出はしないという選択

連休だからと必ず外出しなければならないということはありません。
むしろ、家でくつろいだり思い切って部屋のインテリアを変えてみたりするのも
楽しいです。まとまった時間が取れないと模様替えはなかなかできません。
ホームセンターをはしごして素敵な部屋に変えるのも良いですね。
また、この時期、衣替えの中間地点ですので冬物は片づけて夏物を準備するというのも良いでしょう。

溜まっていたテレビ番組の録画をじっくり見たり、読みたかった本を読んだり
見たかった映画をレンタルするのも楽しいですね。

自然を満喫する

GWというのは気温がちょうど過ごしやすい時期ですので、キャンプやバーベキュー、登山など自然を満喫できる季節です。
私は毎年、GW前後に行く場所があります。
そこは自然の中を歩くコースがありますが、片道約1時間半ほどで、ゆっくり歩いても2時間で折り返すことができます。
折り返し地点辺りでお弁当を食べて、少しゆっくりとくつろいで戻るというコースが気に入っています。
新緑のパワー溢れるマイナスイオンを感じながら歩くと心身ともにリフレッシュできます。
その場所は家から近いので早朝出発するとほぼ一番乗りが可能です。
そういった家族のお気に入りの場所をいくつか発掘しておくことはおススメです。
同じ場所では季節によって変化も感じられるし、何度も行くことで新たな発見もあります。
子どもたちは面白い目線を持っているので親が気が付かないことに気づきます。
そんな話を聞いてみても楽しいと思います。

また、日ごろから知らず知らずのうちにストレスをためているのが現代人です。
子どもも大人も自然がたくさんの場所で思いっきり走ったり動いたりして
癒されてはどうでしょうか。
体は疲れますが、意外と心のリフレッシュができるとその疲れもなくなってしまうこともあります。

動かないストレスを動いて発散できれば、また休みが終わってから気分も新たに
仕事にも取り組めると思っています。

まとめ

GWの外出は面倒だと思わることもあるでしょう。
目的を家族サービス、リフレッシュするなど決めてしまえば
意外とストレスなく外出するコースを決めることもできます。
せっかくのお休みなので心身ともにリフレッシュして満足できる休暇をお過ごしください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする