夏の夜をエアコンを使わず快適に過ごしてしっかりと睡眠を取る方法は?

気温が高い夏は夜になっても外気温が下がらず暑いままです。

熱帯夜が続くと夜にぐっすりと眠れないことがあります。
クーラーを使っても良いのですが、体の冷えも気になりますし
電気代も気になります。

快適に暑い夜を過ごす方法をまとめてみました。

スポンサードリンク



暑い夜をエアコンなしで快適に過ごしぐっすりと眠る方法は?

暑くて眠れない夜を経験したことがあるという人も多いでしょう。
一日中、エアコンを使うという人もいます。

エアコンを使うとその時は快適に過ごせますが、
屋外や他の部屋との気温差は思っているよりも体に大きな負担がかかります。
人によってはエアコンを使った部屋と外出する時の気温差が疲労の原因となり
体調を崩してしまう場合もあります。

できれば夜はぐっすりと眠り日中の疲れを取りたいものです。

どのようにすることで夏の暑い夜を快適に眠れるのでしょうか?

・扇風機を使う
・ひんやりグッズを使う
・お風呂にしっかりと浸かる

扇風機を使うのは当たり前と思われるかもしれません。
しかし扇風機の使い方のポイントを押さえることで気持ち良く過ごせるのです。

扇風機を上手に使うポイントは?

・扇風機の風を直接体には当てないで壁に向けること
・首振り機能を利用して部屋の空気を循環させる
・あまりにも暑いという場合は扇風機を複数台使うと更に空気が循環します。

この方法だと窓を開けなくても部屋のドアを開けておくだけでもかなり涼しくなります。
本来だと部屋の空気を循環させるのに2か所開けると良いのですが、
夜は防犯上の心配もありますので窓の全開はあまりおススメしません。

ひんやりグッズはどのようなものがある?

夏になるとホームセンターや量販店では寝る時に使えるひんやりグッズがたくさん販売されています。
その中でも使って良かったと思うものをご紹介します。

・ひんやり敷きパッドやひんやりタオルケット
・保冷剤や氷枕

暑いと冷たい物を触りたくなりませんか?
壁とかステンレス素材などひんやりしたものを触っていると
少し涼しくなったような気がしませんか?

使う寝具を変えることでひんやりできます。
シーツや敷パッドを夏用のものに変えてみましょう。

それだけでも体感としての暑さが和らぎます。

また、ケーキやアイスを買った時についてくる保冷材も活用しましょう。
小さいものだったらタオルにいくつか並べて巻いて暑いと感じる場所に
当てておきましょう。

首や脇などを冷やすとかなり眠りやすくなります。

自分の使いやすそうなものを使ってみると暑い夏も少しは快適に過ごせるのではないでしょうか。

お風呂に浸かると何が良いの?

分かっているけれども意外とできないのがこちら
『夏こそしっかりと湯船に浸かる』ことではないでしょうか。

お風呂に入る前から暑いのに、お湯に浸かると余計に体が暑くなると思っていませんか?

それは逆なんです。

暑い夏にこそお風呂でしっかりと体を温める方が睡眠にとっては良いのです。

お湯が熱くて入るのはちょっとツライという人は
夏用の入浴剤を使ってみたり、足湯だけでも違います。

寝る前には一度、しっかりと体を芯から温める方が良いのです。

日中の暑さから体も熱いと思っているかもしれませんが、
夏は冷たい物を取ることが多いので体は意外と冷えている場合があります。

冷たい麺類や飲み物、アイスクリームなどが美味しい時期ですよね。
体の表面は熱いままだと感じていると思いますが、
気付いてないだけで体の芯は冷えているということが多いのです。

一度、しっかりと体を温めることで寝る準備ができます。


スポンサードリンク

最後に

夏は活動的に動かなくても疲れがたまりやすい時期です。

朝晩の気温の変化や日中の驚くほどの暑さ
思っているよりももっと体への負担は大きいものです。

夏はイベントもたくさんありますし、レジャーもしっかりと楽しみたいですよね。
たくさん遊ぶためにもその日の疲れはその日のうちに解消して
しっかりと睡眠を取っておきましょう。

夏の夜に涼しく眠るために少し手間をかけて対策をしてみましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする