神社巡りはマナーが分かれば楽しいパワースポットになります。

神社に参拝というと初詣や神前式、お宮参りなどを思い浮かべる事が多いですね。
私はしょっちゅう神社に参拝しています。
神社のぴんと張った神聖な空気が好きでよく行くようになりました。
でも、最初はどうやって行って良いのか分かりませんでした。
よく参拝に行くという人に連れて行ってもらい私の神社巡りがスタートしました。
今では一人で時間を見つけて行ったことのない神社へ行ったりしています。
行ったことのない神社へ参拝する場合は事前にその神社の情報を調べてから行っています。



神社参拝のルール

参拝のやり方
・鳥居の前で礼をしてくぐります。
・参道の中央は神様の通り道なので中央より外側を歩きます。
・手水舎(てみずしゃ・ちょうずしゃ)で手を洗い、口をすすぎます。
・礼をして賽銭箱に賽銭を入れ、鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼で拝礼します。
・帰る時も中央は歩かず、鳥居をくぐり礼をします。
※参拝方法は神社によって異なる場合がありますので行く神社が決まったら
 事前に調べてみると良いでしょう。
参拝時の服装(普通の参拝)※正式な参拝時は神社によって決まっています。
・カジュアルな服装でもOKですが、露出は少ない方が良い
 できればキレイめカジュアルがおススメ。
・サンダルやヒールのある靴だと歩きにくいのでローヒールのパンプスなど

神社参拝の注意点

・神社ならどこでもいい訳ではない。
 実は神様がいない神社もありますし、低級霊の住処になっている場所もある。
 さびれた神社に参拝して持って帰ってしまう場合があるそうです。
 →ある程度、参拝者の多い神社、神主さんが常駐している神社がおススメ
・稲荷神社は怖いって本当?
 怖いというよりルールが厳しいようです。
 →伏見稲荷大社以外の稲荷神社は定期的に参拝できる場所のみ良いとされてます。
・女性は生理中は参拝するのはダメ?
 昔から言われているそうですが、やはり神様や眷属は怒ると言われています。
 →できるだけ避けるのがベスト
・ご神木は触っても良い?
 木によるそうです。触っても大丈夫な木もあります。
 ですが、一般的にはしめ縄がしてあったり、柵がある場合は触らない方が良いとされてます。
 →近くにいくだけでもパワーを頂けるので見るだけがベター

スポンサードリンク

神社巡りの楽しみ方

・御朱印帳
 販売されている御朱印帳はたくさんあるので気に入った1冊を持って集めてみてはどうでしょうか?
 実際に、書いてもらうと嬉しいですね。
 きちんと筆で1冊1冊丁寧に書いて頂けます。
・全国の一宮神社を巡ってみる
 各地にそれぞれ一宮と呼ばれる神社があります。調べてみてはどうでしょうか?
・伊勢神宮へ参拝
 一度は行ってみたいお伊勢さん。
 やはり空気が違います。素晴らしいです。
 数年に一度は行くようにしていますが、何度行ってもまた行きたいと思える場所です。

まとめ

神社はパワースポットと言われて数年が経ちます。
実際、本当にパワーのある場所です。
しかし残念ながら全ての神社がパワースポットではありません。
私は視える人ではないため分かりませんが、視える方の本やブログなどを読んでいると
神社で怖い経験をされた方もいます。
私には全く分かりませんが、この世には視えない存在はあると思っています。

せっかくお参りするなら良いパワーを頂きたいので
ある程度、参拝者のいる空気がきれいな神社へ行くことが良いと思います。
また神社にも性格があるのか自分と波長が合う神社と合わない神社があるようです。
いくつかお参りしてみて気持ち良いと思える神社があれば
定期的に参拝すると更に良いのではないでしょうか。

子どもの頃から何度も参拝した事がある場合や縁がある神社だと
入った時に包み込まれたように感じる事があるそうです。
私も一か所だけそういう風に感じた神社がありました。
そこはものすごく久しぶりに行った神社ですが、子どもの頃は近くに住んでいて
毎年、初詣はそこに行ってました。

また、私は近所の小さな神社によくお参りに行きます。
お願いをすることもありますし、ただお参りに行く場合もあります。
神社と言う神聖な場所で自分の穢れを落としてスッキリさせてもらってます。

困った時の神頼みという言葉もありますが、
日常的に参拝して日ごろの感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

前回行った時は珍しく雨の伊勢神宮でした。
何度も行きましたが雨は初めてでした。
雨の伊勢神宮も包まれた感じがして良かったです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする