中学生の子どもが学校に行きたくないと言ったらどうする?休ませる?行かせる?


中学生は難しい年ごろです。
体はどんどん大人になっていくけれども中身はまだ成長途中です。
心と体のバランスがどんどん変化していく時期なので
精神バランスが崩れやすい頃です。

中学生だけではありませんが、学校に行くことができなくなる子どもが増える時期でもあります。

きっかけはたくさんあるので何が原因でなぜ行けなくなるのでしょうか。
また、一度学校を休んでしまうと次に学校に行くことが難しくなると言われていますが
本当なのでしょうか?

子どもが学校に行きたくないと言った時の対応について考えてみました。

中学生の子どもが休みたいと言った時のベストな対応方法は分かりませんが
ベターな方法として書きます。

スポンサードリンク



中学生の子どもが学校に行きたくないと言ったらどうする?

中学生の子どもが学校に行きたくないと言う時はどんな理由があるのでしょうか?

・友だち関係
・部活動
・勉強
・クラス
・先生

友だち関係や学年が違うことで先輩後輩の関係へと変化したりと
中学生の子どもにとっては今までと違うということが増えてきます。

原因も一つだけではなく複雑に絡み合って子ども自身ではもうどうしようもなくなってしまってから
親に学校に行きたくないと言うケースが多いそうです。

子ども自身が理由をはっきり分かっている場合と
はっきりと認識していない場合があります。

理由が分かっている場合は対応方法も決めやすいのですが、
何だかよく分からないけれども行きたくないという場合はどうするのが良いのでしょうか?

学校に行きたくないと子どもから言われた場合はどうするのが良いのでしょうか?

・学校を休ませる
・無理やりにでも行かせる

どちらが良いと思いますか?

最近の傾向としては『学校を休ませる』と良いと思う人が増えています。
しかし、実際に我が子が学校に行きたくないと言った時に
すぐに休ませるという判断ができますか?

意外と難しいものです。

それは、心のどこかで『学校には行ってほしい』という親の気持ちが強くあるからです。

行きたくないと言ったら休ませればよいと思いながらも
実際にそういう場面に遭遇した時には
親の心の中にある『本当は学校に行ってほしい』という気持ちが前面に出てしまうのです。

中学生の子どもが学校に行きたくないと言ったらいつ休ませる?

学校に通っているのは子ども自身です。
どうしても行きたくないと言った場合は『学校を休ませる』という判断は良いと思います。
では、どういうタイミングで休ませるのが良いと思いますか?

・子どもが学校を休みたいと言った時
・どうしても行けなくなった時

もう少し頑張って学校に行ったら大丈夫になるかもしれない
そう思ってしまうことがあります。

しかし、どうしても行けなくなる頃まで学校に行かせた場合、
子どもの心は限界を超えてしまうかもしれません。

中学生の子どもは多感な時期です。
親にそういった自分の気持ちを打ち明けるのには勇気が必要です。
心配させたくない、恥ずかしいなど親に対しても自分の気持ちをストレートに言わなくなる時期です。
そのような時期に子どもが『学校に行きたくない』と言った時点で
すでに限界まで来ていることが多いのです。

子どもが『学校に行きたくない』と言った場合は
理由を根ほり葉ほり聞き出すのではなく早めに
休ませてあげるのが良いと思います。

スポンサードリンク

中学生の子どもが学校に行かなくなったらずっと行かないの?

学校に行きたくないと言い出した子どもが休み始めると
長期間にわたる不登校になってしまったらどうしようと心配になりますよね。

実際、クラスに1~2人ほど不登校になっている子どもがいます。
全く学校に来なくなってしまった子、保健室登校の子、ちょくちょく休む子。
いろんな子どもがいます。

親として心配するのは全く行けなくなったら子どもが困るのではないかということです。
子どもが学校を休みたいと言った時にすぐに休ませてあげることで
子どもの気持ちが少し落ち着くと思われます。
それが2~3日休んだとしても数日であれば体調不良と言えば
特に問題なく休めます。

その2~3日で子ども自身が回復できるかもしれません。

しかし、限界ギリギリまで我慢してしまった場合、
休み始めてから心の回復までの期間は長くなってしまうと思われます。

大人も倒れる寸前まで頑張ってしまえば元気になるまで時間が必要です。
しかし、ちょっと調子が悪いなと思ったタイミングで回復をはかれば
悪化せず短期間が回復できます。

子どもの心の不調も同じような側面があると思います。

全てのケースには当てはまらないとは思いますが
周囲を見ているとそのように感じます。

初期の対応次第である程度は良い方向に持っていけるのではないでしょうか。

休んで行ってを繰り返していくうちにどんどんと欠席日数が増えることもあるでしょう。

最終的には子ども自身が決めることになりますが、
学校に行くこと
それだけが生きている価値ではありません。
休んでしまったとしても取り返すチャンスはあります。
周囲には長期で休んでいたけれども
子ども本人が学校へ行くと決めて行けるようになった子もいます。

子どもを信頼してみませんか?

休みが続いてしまったとしてもきっと、大丈夫です。

最後に

我が家の子どもも学校に行きたくないと言ったことがあります。

最初、私も休ませることに抵抗がありました。
しかし、周囲の人たちから聞いている話などを考慮すると
早めに休ませた方が長期間の不登校にはなりにくいのではないかと思い
『行きたくない』と言った時に休ませました。

何度かあり、1日休んで次の日に登校するという状態でした。

今のところは休みたいと言った時にすぐに休ませて
家でゆっくりさせてあげると翌日には学校に行っています。

1~2日休んだくらいだと
クラスの友達から何か言われることもなく
『もう大丈夫?』くらいの声掛けで終わります。

風邪のひき始めに早めに薬を飲むような感じですが
我が家の場合はそれで何とか学校に行っています。

1年に3~4日ほどはそういう理由で休んでいます。

仮病と言われてしまえばそれまでかもしれませんが、
大人だって何となく仕事を休みたい日もあります。
仕事を調整して有休をとることだってできます。

でも、子どもにはそういう手段がありません。
中学生だって同じように何となく行きたくない時があるものです。

はっきりとした理由があった時も、なかった時も同じように対応しました。

しっかり眠ってしっかり食べてまた元気になれば良いなといつも思っています。

少し欠席が増えたとしてもそれで良いと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする