談山神社に参拝に行ったら雪が積もってました

神社巡りをするのが趣味になりつつあり
少し足を伸ばして色々なところへ参拝をしています。

今回は奈良県桜井市の談山神社(たんざんじんじゃ)に参拝しました。

随分前に一度行った事がありましたが、
おぼろげにしか覚えてないので
改めて参拝をしたいと思っていました。

スポンサードリンク



談山神社に参拝に行ったら雪が積もってました。

奈良県桜井市にある談山神社ですが、
地図で見る限りでは結構、山を登るのかなと思いながら
正月明けの連休中に行ってみました。

国道165線から談山神社へと向かいました。
桜井市に入ってから特に積雪も見られなかったので
全くもって油断をしていました。

しかし、山を登っていくにつれ
道路脇には白いものが・・・。

上がっていくとやはり少しですが、積もっていました。
前日の方がもっと積もっていたようで
タイミングとしてはまだ良かったみたいですね。

2018年は戌年なので
大きな絵馬は可愛らしい犬でした。

可愛らしくてしばらく見入ってました。

  

行ったことのない神社などへ参拝する時は
HP等で事前にほんの少しだけ勉強してから行くのですが、
今回は、急遽行ける時間が取れたので
いきなり行きました。

と言うわけで何か分からないけど
扉が開いていたので写真を撮ってみました。

  

楼門横から見ると
かなり下の方に鳥居が見えました。

事前に下調べせずに来てしまい
しかもうっかりと西入山受付から入ったので
失礼ながら鳥居さんをくぐらずに来てしまいました。

改めて下調べしなかったことを後悔しながら
進みました。

大きなデイパックを背負った人が数人いましたが、
どうやらこれから山に登るようでした。

受付の人から熱心に説明を聞いていました。

私も次に来た時は登ってみようと思いました。

 

神社巡りが趣味になりつつあるとしながら
造りなどにはあまり興味がないため、
今まで行ったことのある神社とは何だかちょっと違うなと
思うくらいでウロウロとさまよってしまいました。

こちらで参拝をしました。

そして右を見てみると
どうやら拝殿に入っても良さそうでしたので
他の人の様子を見ながら、入ってみました。

拝殿から本殿が見えます。

あまり本殿がちゃんと見れるところは少ないように
思っていたのですが、そこら辺も
もっといろんな神社へ行ってみたら分かってくるのかもしれませんね。

拝殿から出て階段を少し下りると
高低差がよく分かりますね。

改めて
すごい場所に神社があるんだなと思いました。

やはり山には神様がいらっしゃるのでしょうね。

不便だとか関係なく
あるべき場所に神社はあるのかもしれません。

談山神社の象徴というか
やはり有名なのはこの十三重塔ですね。

一応、数えてみました。
十三ありました(笑)

気になっていた山登りについて
入口だけ見に行きました。

談山566m 徒歩約10分
御破裂山607m 徒歩20分

とあります。

しかも談山神社なので山も談山(たんざん)と読むと思っていたのですが、
違うみたいです。

談山と書いて『かたらい山』と読むそうです。
知りませんでした。

山ですが、登山というほどしっかりしたものではなさそうです。

ただ、それでもやはり山なのでぬかるみや足元には気を付けて
登らないとダメだそうでしたので
私は天候の良い時を狙ってまた来たいと思います。

談山神社の全体図です。
いつもそれほど参拝の時間を取らないので
行ってからもう少し時間を見ておけばよかったと思うのです。

ある程度、広さのある神社に行く場合は
参拝時間をしっかり取っておく方が良さそうですね。

湛山神社の公式サイトはこちらから

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする