鏡開きの由来は何だろう?お餅はいつどうやって食べるの?

鏡開きと言うと鏡餅を食べることと聞いたことがある人も多いでしょう。
なぜ、鏡餅を食べることを鏡開きと言うのでしょうか?

そのお餅はいつどうやって食べるのでしょうか?

何となく知っているようではっきりとは知らない
鏡開きについてまとめてみました。

スポンサードリンク



鏡開きの意味や由来は?

年末から飾る鏡餅ですが、お正月期間は年神様のいる場所なのです。
年神様は松の内まで鏡餅にいらっしゃると言われています。

年神様の依り代である鏡餅には魂が宿っているとされ、その鏡餅を頂くことで
鏡餅に宿った力を授けてもらえると言われています。
鏡餅を家族で食べる事で1年間の無病息災を願います。

鏡餅は飾り、鏡開きをして食べるところまでで1セットとなります。

鏡餅を食べる事を鏡開きと表現することにも意味があります。

元々、鏡開きは武家社会の風習だったので“切る”という言葉を避け
鏡割りとも呼ばれていました。
しかし“割る”という言葉も縁起が悪いので“開き”が使われるようになりました。

そのため、現在も鏡開きと言われています。

鏡開きのお餅はいつどうやって食べるの?

鏡開きはいつなのでしょうか?
1月11日です。

ですが、日にちについては日本独特の他の風習と同じで地域性があります。
地域によっては1月20日という場所もあります。

元々は1月20日に行われていましたが、
徳川幕府第3代将軍徳川家光が亡くなった日ですので
以降は松の内が終わった後の縁起の良い日として
1月11日に行われるようになりました。

そのため1月11日の地域と1月20日の地域があるのかもしれません。

鏡開きした鏡餅はどうやって食べるものでしょうか。

本来であれば、木づちで割ってから食べるものですが、
普段から木づちが家にあるという家庭は少ないので
金槌を使っている家庭が増えています。

金槌で割るのも手間がかかりますよね。
最近では真空パックされている鏡餅もたくさん販売されています。
その真空パックの鏡餅を飾っておけば
食べる時は開けるだけで良いので簡単ですね。

また鏡餅があまりにも固い場合は
鏡餅を水にしばらくつけておき、電子レンジでチンすると
柔らかくなります。
鏡餅の大きさにもよりますが、半日ほどで大丈夫でしょう。

柔らかくなった鏡餅はぜんざいやお汁粉、お雑煮にして食べられることが多いようです。
お正月になるとお餅を食べるのが楽しみなので
鏡開きは大好きです!

ちょっと気になって調べてみましたのでこちらも良かったら読んでみてください。
お汁粉とぜんざいの違いは何?


スポンサードリンク

鏡開きのお餅のおススメな食べ方

鏡開きのお餅の食べ方はたくさんありますが、
その中でも一押しはこちらです。

“あげもち”にすることです。

Cpicon 鏡餅を有効活用したあげもち by 学び舎レシピ

Cpicon 鏡開きに☆やばうま揚げ餅☆ by ちゃんこッコ

語呂合わせですが、
揚げる=運気が上がる

ということで
鏡開きのお餅も縁起をかついで揚げてみてはいかがでしょうか?

お雑煮やお汁粉も良いですが、
大きな鏡餅だったり、お正月からすでにぜんざいも食べたという場合に
ちょっと変わり種として揚げてみるのもおススメ!

最後に

神様大好き、縁起が良いこと大好き
そんな日本人らしい行事が鏡開きです。

1年の始まりをとても大事にしていたようですね。

今年も良い1年になりますようにと
あちこちでお願いしているところが
昔の日本人も今の日本人と変わらず
欲張り感たっぷりだと思いました。

ですが、本来はもうちょっと切実だったのでしょう。

お正月の時期と言えば、やはり寒くて食料も少なく
生きていくのに大変な時期でした。

幼い子どもがいれば特にその気持ちは切実だったようです。

今のように恵まれた環境ではないため
何かにすがりたい、助けてもらいたいと願ったのでしょう。

それは家族のためだったようです。

自分のためだけではなく
家族のため、また家族を守るため

そんな強い気持ちを感じる事ができます。

皆様にとって良い1年の始まりを迎えられることを願っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする