喪中の時、お正月はどう過ごせばいいの?

親族が亡くなって次のお正月はどう過ごすのが一般的なのでしょうか?
年賀状は喪中はがきを送ります。

お正月になった時には
どういう事に気を付けるのでしょうか?

おせち料理は?初詣は?お年玉は?
あまり深く考えた事がありませんでしたが、
一度気になると気になって仕方ありません。

そこで、気になることをまとめてみました。

スポンサードリンク



喪中の時お正月は喪に服す期間なのでお祝いはダメなのでしょうか?

家族が亡くなってから一周忌までの期間を一般的には喪中といいます。
その喪中の間は喪に服すと言って
お祝い事などはしないという風習があります。

一番分かりやすいのは年賀状を欠礼して年末までに
喪中はがきを出すことが多いです。

では他にはどんなことを控えるべきと言われているのでしょうか?

結婚式の参列、お祝いのイベントへの出席、旅行などと言われていますが、
近しい親族の結婚式を行う場合以外では欠席することは減ってきているようです。
式場の日程変更をすれば、キャンセル料が発生しますし、
職場関係のイベントであれば出席しない訳にはいかないと言った
他の事情によるものが多いようです。

自分の都合だけを一方的に押し付けることが難しい場合は
参加するという人が増えています。
と言うよりも参加せざるを得ないと言った方が現代の事情としては
正しいのかもしれませんね。

正月飾りやお屠蘇、鏡餅などは今でも控える家庭が多いです。
年配の方であれば当然という感覚をお持ちのようですし、
これは家族で決めることができますからね。

喪中のお正月おせち料理や初詣はダメ?

具体的にまとめてみましたので参考にしてください。

おせち料理

こちらは両方の意見がありますが、
・忌中(四十九日)が明けていれば問題ないのでいつも通り
・エビや紅白かまぼこなど派手は物はなしにする、お重ではなくお皿に盛り付けて食べる

また、故人が明るく過ごすのが好きな人であれば
喜んでくれるのではということからいつもどおりにおせち料理を食べる場合もあるようです。

どちらにしても、四十九日以降であればそれほど気にする必要はないようです。
四十九日が過ぎるまでは控えるというのが一般的と思われます。

初詣

・神社に参拝する場合はこちらも忌中でなければ問題ないとされています。
・お寺に参詣する場合はいつでも問題ない(お寺では法事もしますから)

気にする人であれば、喪中期間は神社へは参拝しないという人もいますが、
こちらもそれほど気にする必要はないようです。

お年玉

子どもにとっては楽しみの一つですね。
本来であれば年賀に関する物なので控えるところですが、
年に一度しか会わない親戚の子どもさんには渡したいですよね。
そういう場合は、お年玉という表現は使わず、書籍代などに変えて渡すと問題ないです。
全く何もないというのはちょっと寂しいですからね。
もらう側の子どもは名目など全く気にしませんけど、
こういう場合には控えるんだということを知ってもらうためにも
簡単に説明をすると良いでしょう。


スポンサードリンク

喪中だからと言って暗く過ごすのではありません

喪中期間中は旅行を控えたり、お祝い事を控えることが一般的と言われています。
外部との派手な交流は控えますが、家でじっとしているという訳にもいきません。

亡くなった方への冥福を祈り、
自分自身がその悲しみから日常へと戻る期間だと言われています。
喪中期間は悲しみも我慢せず、思い出に少し浸っても良いのではないでしょうか。

喪中期間は心身ともに弱っている時期になります。
ゆっくりと過ごすことで自分自身を取り戻していきましょう。

職場や前から決まっていた事などに参加する場合は
特に説明など不要ですのでその場合は、きちんと参加してくださいね。

最後に

家族が旅立ってしまうと
胸にぽっかりと穴があいたような
まるで自分自身が空っぽになったかのような感覚になってしまいます。
そういう状態になった自分を無理やりに抑え込んで明るくならなくても良いのではないでしょうか。
そこからまた日常を取り戻すまでの回復期間だと思えば良いでしょう。

気持ちの切り替えというのは
思っているように簡単にはできません。
時間がかかるものです。
逆に言えば、ある程度の時間が過ぎることで
悲しみから感謝の気持ちへと変えて行けるのかもしれません。

喪中だからと無理に何もかもしないのではなく、
少し控えるだけで十分かと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする