断捨離して捨てた事を後悔するものはないというのはウソ?

断捨離と言う言葉が定着してきましたね。
普段の会話に“断捨離”してると言っても
ほとんど通じるようになりました。

私は断捨離の提唱者のやましたひでこさんのご著書も数冊読みました。
まとめてはできないので
連休の時などに少しずつ断捨離を実行しています。

断捨離をしている人の間では
“捨てて後悔する物はない”と言われているそうです。

それって本当でしょうか?

スポンサードリンク



断捨離をして捨てた事を後悔した物はあります。

絶対に捨てて後悔しないということはないと思います。
実際、私は断捨離ハイになっていた時に、
ポイポイポイポイ捨てまくった時期があります。

その時は断捨離を知って
部屋をきれいにしたい、運勢を変えたい
その思い出とにかく捨てまくりました。

本当に捨ててたので
当時はゴミ収集のたびに大量のゴミ袋を持って行きました。
それだけでは足りず市の持ち込みできるゴミ処理施設に
持ち込みもしました。

大量にゴミを捨てたので気分すっきりしました。

とてもすっきりして部屋も過ごしやすく気持ちの良い空間を
作る事ができました。

しかし、

あったのです。

“捨てて後悔したもの”が・・・。

断捨離ハイになっていた時でさえ、
捨てるかどうしようかと悩んだものです。

その時はプライベートでごたごたもあったため
思い切って捨ててしまったのです。

そして後になって後悔しました。
“捨てなければ良かった”と。

断捨離をして捨てた事を後悔した理由は?

なぜ、捨ててしまって後悔することになったのでしょうか。

あくまでも私自身に当てはめているだけで
誰もが当てはまることではないと思っています。

その後悔したものは
捨てるかどうしようかと悩んだもの
その時点で生活に必要か不要かと言うと
明らかに不要な物ではありました。
ないからと言って生活に支障が出る物ではありません。

それでも捨てた事を後悔したのは、
捨てる物ではない物を捨てたからです。

私にとってはそれは生活する上で必要ではありませんが、
生きていく上では持っておきたい物だったのです。

そこを私ははき違えてしまったのです。

当時、いろいろとがむしゃらだった時期なので
感覚もマヒしていたようですし、
自分の中でも感覚があやふやでした。
今なら絶対に捨てないと思いますけどね。


スポンサードリンク

断捨離をして捨てて後悔しないためには?

では断捨離をする時に、物を捨ててしまって後悔しないためには
どういう意識が必要となるのでしょうか。

個人的な考えですが、
“一度に断捨離を終わらせようとしないこと”だと思っています。

断捨離して家も気持ちも何もかもスッキリさせて
新しい風を取り入れたいという夢中になる気持ちは
私は実際に体験したのでよく分かります。

でも、そういう時に
どうしようかなと悩んだ時、
有効なのは“保留にすること”だと思います。

保留にしてしまうと
また放置して物が溜まってしまうから良くないと言う
意見もあることでしょう。

でも、捨てて後悔するなら
やっぱり自分の気持ちが一旦、落ち着くまでは保留にするべきです。

少しずつでも断捨離を進めることはできるはずです。

焦らず、落ち着いて断捨離をしましょう。
捨てまくりたくなる気持ちも分かります。

キレイスッキリしたい気持ちも本当によく分かります。

勘違いしている人も
もしかしたらいるかもしれませんが、

何でも捨てまくること=断捨離
ではありません。
自分が気持ちよく過ごせる空間を作るための
手段が断捨離です。

最後に

もう少ししたらまた夏服から長袖の洋服への
衣替えもすることになります。

来年の夏には着ないと思う洋服は
今年の衣替えの時に処分する予定です。

いくつか断捨離候補の洋服があります。

活躍してくれたお気に入りの洋服ばかりではありますが、
友だちとランチに出かける時には着ることはないでしょう。
それほどヘビロテしました。
そしてもうかなりヨレヨレです。
ありがとうの気持ちを込めて断捨離したいと思います。

断捨離は言葉だけで勝手に始めるのではなく
やっぱりマインドをしっかりと理解してから
始めることが良いと思います。

どうか、皆様
私と同じ失敗をしないため
人の失敗から学んでくださいね( ◠‿◠ )

そして、ゴールである
自分が気持ちよく過ごせる家を作って
快適に過ごしてください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする