運動会に両親(義両親)を呼ぶ?お弁当は?準備して良かった物は?

運動会シーズンの秋です。

子どもの運動会は親にとっては1年で一番楽しみなイベントではないでしょうか?

いつもは見ることができない学校での様子や
頑張っている姿を見ることができるチャンスです。

子どもが頑張る姿をしっかりと目に焼き付けたいですよね?

ところで、運動会には両親や義両親は呼びますか?
呼んだ場合は準備はどうしますか?

スポンサードリンク
  



子どもの運動会に両親(義両親)は呼んだ方が良いの?

少子化の時代と言われ始めてからずいぶん経ったかと思います。
今や運動会では子ども一人に対して大人が6人も応援に来ています。

更にたくさん来ている家庭もあるのですが、
どうやら親戚がかなり集まっているようですね。

応援される子どもにとっては
両親、おじいちゃんおばあちゃん、叔父や叔母など親戚が集まってくれるのは
嬉しいものですね。

遠方であれば呼ぶのにも気兼ねします。
でも、呼ばなければ拗ねる場合もありますね。

どうするのが良いでしょうか?

私の場合は日程は分かった時点で連絡をします。
運動会の時期は熱中症の危険があったりするのですが、
応援席では自己責任となります。
外での観戦となりますので、その旨も伝えます。

暑いし、日陰は席取り合戦ではかなりの激戦区となります。

そういった部分もきちんと伝えた上で声をかけることが良いです。

祖父母が来るかどうかはお任せします。
日程の都合が合わない場合もありますし、
体力的にきついと断られる場合もあるでしょう。

しかし、声掛けは運動会の日程が分かるこちら側からするべきだと思います。

特に義両親には一番に声をかけておきましょう。

断られたとしても最初に声をかけた事が分かれば悪い気はしません。

声をかけない方が義両親は気分を害することが多いようです。

義両親に声をかけるのが一番面倒だとは思いますが、
敢えて先に声をかけておきます。

子どもの頑張る姿をしっかり見たいから
できたら呼びたくないという声もよく聞くし
その気持ちも分かります。

しかし、運動会で家族や祖父母が揃うのは小学校までですので
割り切ってしまえるほどの関係性であれば
義務だと割り切ってしまいましょう。

直接声をかけるのがちょっとイヤという場合は
夫に任せてしまいましょう。

後でややこしくなるのは声をかけない事ですので
そこだけ押さえておけば良いでしょう。

『無理して来る必要はないけど、もし都合が合えばどうぞ』くらいの
スタンスで良いのではないでしょうか。

運動会に両親(義両親)を呼んだらお弁当は自分が作る?

運動会と言えば、楽しみの一つはみんなで食べる『お弁当』です。

両親や義両親を運動会に呼んだ場合、お弁当は誰が作りますか?

可能であれば、分担するのがおススメです。

おにぎり担当
おかず担当
デザート担当

実母におにぎり、義母にデザート(カットフルーツ)、自分がおかず

これが一番無難ですね。

分担ができず、自分が一人で作る場合は(多分、これが一番多いんです)
思いっきり手を抜きましょう!

前日に準備できる物は全て準備しておき
当日の朝はなるべく作る物は少なくしましょう。

運動会の当日は暑さが予想される場合がほとんどです。
早朝からお弁当作りに張り切ったがために
運動会の真っ最中に体調を崩してしまうお母さんが結構いらっしゃるんです。

私自身も体が強い方ではないため、
そちらの方が気になります。

自分が体調を崩してしまって
せっかくの子どもの勇姿が見れなくなってしまっては
本末転倒ですので、

両親、義両親にもそれほどの見栄をはらず
できるお弁当を作りましょう。

私の場合は、毎年ほぼ同じメニューです。
基本的には子どもの好きなおかずを作るようにしています。

卵焼き、鶏の唐揚げ、ウィンナー、枝豆ピックなどです。

子どもに聞いてみると同じで良いし、むしろその方が良いとも言われました。

おじいちゃん、おばあちゃんが来てくれるなら
少し食べやすそうなおかすも追加すると良いでしょうね。

好きな食べ物とかは夫から聞き出しておきましょうね。

お弁当以外にもちょっとつまめる食べ物も準備しておくと
間が持ちますので私はいつも何かしら準備しています。

時間がない時はお菓子の時もありました。

笑われるかと思ったのですが、案外好評でした。
おじいちゃん、おばあちゃんもお菓子食べますからね(^^♪


スポンサードリンク

運動会に両親(義両親)を呼んだ場合、便利だった物。

両親、義両親は自分が親として運動会に行った事を
あまり覚えてない場合がありますので
もしかするとほぼ手ぶらでやって来るということもあります(ありました)

帽子とバッグのみで着た時はさすがに驚きました。

お茶は多めに準備していたので足りましたけどね。

そういうことも予測して
お茶、タオルなども多めに用意しておくに越した事はありません。

私が運動会で準備しておいて良かった物はこちらです。

・座布団、ポータブルクッション
・折り畳み椅子(パラソルにくっついていると移動できないので)
・ウェットティッシュ
・うちわ、センス
・コーヒーなどお茶以外の飲み物
・凍らせたドリンクやゼリー
・カメラ

長時間外で座ることはあまりないと思います。

意外と座ってるだけでもお尻が痛くなるんです。
クッション性の良いポータブルクッションは重宝しました。

私は小さ目のクッションを折り畳みチェアに乗せてました。

親世代はまだ座っていられますが、
おじいちゃんおばあちゃんは長時間座るのは辛くなるので
人数分準備しておくことが良いでしょう。

我が子が通っていた小学校では
撮影場所と決められた場所があり
内側に入ってビデオを撮れる場所がありましたが、
立って撮影が出来ませんでした。

そこで、折り畳みチェアも一緒に持って行って撮影しました。

お弁当を食べる時にはぜひたくさん写真を撮っておきましょう。

子どもと両親や義両親など
色んなパターンで撮影しておくと良いです。

写真は結構、撮ったなと思っていても
後から見るとこれだけしか撮ってなかったんだと思う事が多いです。

同じようなポーズでも写りが違うので多めに撮って困ることはありませんよ。

最後に

両親や義両親を呼ぶのは正直、面倒くさいものです。
実の親でもいろいろ面倒ですよね。

ですが、声をかけず後から文句を言われるくらいなら
その時は大変ではありますが、呼んでしまいましょう。

呼んでおいた方が後が楽です!

お弁当を食べ終わったら帰ってもらっても良いと思います。
体力的な疲れも出やすいですからね。

後日、プリントアウトした写真を送ってお礼をすれば
お互い気持ちよく過ごせるのではないでしょうか?

面倒ですが、子どもにとっても
運動会におじいちゃんやおばあちゃんが来てくれたというのは
嬉しいものです。

運動会というと
お母さんに負担が集中してしまうので
大変ですが過ぎてしまえば、良い思い出になっています。

自分が出来る範囲で良いと思いますので
みんなで楽しめる運動会にしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする